【初心者向け】近接アタッカーの使い方・戦い方を解説!!

スポンサーサイト

常にバトルの最前線で活動する近接タイプのアタッカーは、敵をバシバシ倒すことができるので人気の役割です。しかし、立ち回り方を間違えると倒れてばかりのちょっと迷惑な人になってしまいます。ここではバトルで活躍できる、近接タイプのアタッカーになるためのコツをアドバイスします。

役割アタッカー

1、ビッグボスの背後から近づく

ビッグボスの攻撃は、範囲攻撃を除いて後方に出されるものは少ないです。できるだけダメージを受けずに済むように、背後から攻撃するようにしましょう。ビッグボスによっては横がガラ空きなので、横から攻めるのもオススメです。

2、ため攻撃・必殺技はタイミング良く出す

アタッカーの技の中には威力の高いものも多いですが、「こんしんの一撃」のように発動までに時間がかかったり、「チャージこうげき」のようにためないと威力が下がるものもあります。
タイミングを誤ると、せっかくの大技をスカしてしまいます。ビッグボスの動きを見極めて、動きが止まるタイミングで技を出すようにしましょう。

3、必殺技でビッグボスを足止め

ジバニャンの必殺技「ひゃくれつ肉球」のように、連続で攻撃を出す必殺技を使うことでビッグボスを足止めすることができます。ビッグボスの中にはスタン状態になるボスもいて、スタン状態になったすぐに必殺技を出す人も多いかと思います。しかし、スタン状態から抜けそうになったときに必殺技を出すことでビッグボスの動きを止めることができ、こちらが攻撃を仕掛けやすい時間が長くなります。

4、回避行動を使いこなす

例えば鬼喰いの「鬼ぺしゃスタンプ」のような攻撃だと、鬼喰いが着地したときがダメージの判定になります。着地しそうというタイミングで回避や疾風ステップを出してみましょう。赤いエリアにいてもダメージを受けずに済むので、使いこなせば倒れることが少なくなります。

以上、ちょっとした動き方のコツをアドバイスさせていただきました。基本は最前線で戦うことですが、攻撃を受けないように立ち回ることも重要です。ビッグボスの動きに注意しながら、バトルで活躍していきましょう。

関連攻略データ

スポンサーサイト

コメントお待ちしております