極・ロボニャン28号を攻略!被ダメージ値を徹底検証!!

スポンサーサイト

ゲームを進めてギヤマンリングや剛力アームなど、ランク5の装備を作ろうとするときに必要になるのがロボニャン28号の極素材です。極モードのロボニャン28号と戦うときにどれくらいのステータスがあればいいか、被ダメージから考察していきます。

極ロボニャン28号

被ダメージ値の考察

ロボニャン28号の攻撃 守り129 守り258 守り298 守り406
ツインガトリング砲 69 44 41 29
猫又ドリル 102 66 58 44
腹巻ミサイル 330 265 220 179
デストロイビーム 370 250 236 179
必殺技 662 442 375 315
電動猫パンチ 668 432 407 310
ロボニャンの攻撃 168 107 94 77

近接型アタッカーは、ツインガトリング砲や猫又ドリルなど、攻撃中にダメージを受ける機会も多いです。守りは300くらいあれば安定して戦うことができるかと思います。400あれば簡単には気絶しませんが、その分攻撃力が低くなってしまうのが難点です。遠距離型アタッカーの場合、近接型アタッカーよりも被弾する機会が少ないので攻撃力を重視した装備品で挑むことができます。守り200程度でも十分戦えるのではないでしょうか。

ヒーラーは妖力を重視したいところですが、守りやHPも高めることをオススメします。妖力を上げないと回復が間に合わなくなることもあります。しかし、何度挑んでも全滅してしまうなら、全滅しないための方法として取り入れてみてはいかがでしょうか。

攻撃の対処法

続いて、ロボニャン28号戦で気をつけたいポイントです。

・意外とダメージが大きいのが召喚されたロボニャンの攻撃です。放っておくと、気づいた頃には結構なダメージを受けてしまいます。致命傷になりかねないので、召喚されたロボニャンは28号の攻撃に気をつけながらできるだけ早く倒しておいた方がいいです。

・アタッカーですが全て近接型で挑まない方がいいかもしれません。というのも、腹巻ミサイルがロボニャン28号周辺に集中してしまい、1つだけでなく2つ、3つとダメージを受けてしまうことも起こります。近接型アタッカーと遠距離型アタッカーとで攻撃していけば、近接型アタッカーの被弾の可能性を減らすことができます。近接型アタッカーも皆同じ場所から攻撃するのではなく、できれば右からと左からなど分かれて立つ方がより安全です。

・必殺技はうまく避けられますか?下画面を見ながらの操作になるかと思いますが、慣れるまではノーマルや超モードを繰り返してうまく避ける技術を身につけましょう。

どの攻撃も威力が高く、次々と攻撃を仕掛けてくる厄介なビッグボスです。討伐が難しいと感じたら、ウィスマロマンを討伐して戦オーラを身にまとってから挑むのもオススメです。

関連攻略データ

スポンサーサイト

コメントお待ちしております